<

will do

Australiaでの暮らしの様子、観光地の紹介、様々な動物達の様子、美しい個人のお庭の紹介など。

 時に奇跡は起きる

 

f:id:willdo:20190203202854j:plain

肺がん のステージ4と、2010年に診断された

  日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川一男さん(48)

 

余命10カ月」と言われてから9年がたちました。

これまでの治療や患者会の活動などについて伺いました。

 

1971年、東京都生まれ。2010年に

肺がんステージ4の診断を受ける。

 

12年に右肺全摘、15年に腹部などに転移発覚。

 

同4月、NPO法人肺がん患者の会「ワンステップ」設立

同11月、日本肺がん患者連絡会を結成

 

16年12月の世界肺癌(がん)学会で、

ペイシェント・アドボカシー・アワードを受賞。

 

(経験を語って下さいました)

 39歳だった2010年2月、

今まで経験したことのないような

 ひどいせきに襲われました。

 

1週間が過ぎても、せきは止まりません。

38度以上の熱が続き、首の付け根あたりが

見たこともない腫れ方をしてきて、

地元の病院に駆け込みました。

 

診断は、肺がん一種の肺線がんのステージ4。

「治療しないと3カ月。治療すると10カ月前後」という

 

 すごい宣告ですよねぇ~

実際に愛する家族の支えと治すと言う強い気持ちで治療に

専念して乗り切ってきたんですね!

 

「余命10カ月」と言われてから9年が過ぎたようです。

 生還しましたね!

 

       

私も同じ経験の人を何人か知っています。

時には医者さんの余命宣告どうりでない人がいます。

 

その人々に共通している特徴が有るように思います。

それは治したいという強い願望と治そうと

取り組むぬ強い意欲です。

 

誰でも願望は有りますが積極的に取り組む

意欲がなくなり沈んだ気持ちになります。

 

その気持ちでいるとやはりあまり

良い成果は見られないみたいですね~

 

確かに難しいですけど積極的に病気に立ち向かう

ことによって免疫細胞のナチュラルキラー細胞が

活発になっていくようです。

 

その大切さを内藤メディカル・クリニックの先生が

がんの末期から生還する人は少なくないとの話しの中で

 

話しています。その一部を抜粋しました。 

 余命3か月と言われたら、その患者さんは病気を意識し、

死を意識することで絶望的になり寿命は

縮んでいってしまいます。

 

 ところが同じ病状の患者さんでも、

医師に2、3年は大丈夫と言われると

力が湧いてきます。そして病気を

克服しようという夢と、その夢に向かって

闘う勇気が生まれてくるのです。

 

実際にそういう状況によって寿命が

延びることもあるのです。

 

がん治療で最も大切なことは

免疫力を高めることです。

 

だからこそ、余命宣告されたとしても

病人然として寝込んでいるよりも、

楽しく日々を送った方がよいのです。

 

 もちろん、食事もとれず高熱が

出ている人に外に出て遊び回れと

言うことではありませんが、

かえってがんのことなど忘れて、

変わらない日常生活を過ごしている方が、

免疫力が高まることもあります。

あきらめない気持ちが、免疫力を増幅させるのです!

がんとの闘いに勝って、第二の人生を手に入れる事を目指し

私と共に、がんと闘いましょう!

院長 内藤 康弘

 

 

今回のこの経験はとても励みになりましたね!

 自分の周りでそのような人がいるのでとても、

力をもらいました。

これは参考に していきたいですね!

今日も訪問してくださりありがとうございます f:id:willdo:20190203195221j:plain